ゼッケンとビブスの作り方を紹介します!

ゼッケンやビブスは、体育の時間や運動会、サッカーやバスケットの練習や試合、屋外イベント、防災・防犯活動、復興支援、災害ボランティア支援活動まで、様々なシーンで活用されています。今回は、はじめてゼッケンやビブスを製作される方向けに、商品の無料お見積もりからデザイン作成・注文・デザイン入稿・支払い・完成までの流れを詳しく紹介します。

ゼッケンやビブスを製作する時の7つのステップ

ゼッケン

[Step1] 商品を選択して無料お見積もりを利用しよう!

ゼッケンやビブスを製作することが決まったら、Web注文サイトから申し込みができる「無料お見積もり」を利用しましょう。
あらかじめ製作に充てられる予算を決めておいて、お見積もり料金と見比べて注文可能かどうかを判断します。予算オーバーの場合は、オプションを減らしたり、価格が安い商品を選んだりと色々工夫してみましょう。

お見積もりフォームへの記入事項

Web注文サイトにあるお問い合わせフォームから、お見積もりを依頼します。
フォームの必要事項は業者によって異なりますが、主に以下のような項目を記入します。

  • 氏名、住所、電話番号、メールアドレス
  • Web注文サイトの商品ページから好きな生地画像をクリックして生地を選択
  • サンプル画像から好きなゼッケン商品を選ぶ
  • ゼッケンやビブスの製作予定の枚数を選択
  • プリント予定のデザインデータを添付する

ゼッケンやビブスにプリントするデータがある場合は、デザインデータを添付します。まだデザインデータがない場合は、業者に作成を依頼することも可能です。学校や会社、チームなどで使っているオリジナルロゴデータ(Ai・JPEGなど)があれば添付します。プリントが必要ない場合は、備考欄になしと記入します。

[Step2] デザインデータを作成しよう!

ゼッケンやビブスの生地にプリントするデザインがまだ決まっていない方は、ギリギリになって焦ることのないように「デザイン作成」を早い段階から始めましょう。

オリジナルのゼッケンを作る場合は、どのようなデザインにして、どういった色使いにするかで仕上がりの感じが大きく変わります。「一人でデザインを作るのは不安・・・」といったときは、業者で紹介しているデザインサンプルを積極的に活用してください。デザインの色をアレンジしたり、プリントする文言を工夫したりすればオリジナルのゼッケンやビブスを簡単に作れます。

デザインデータを作成するときは、業者ごとに入稿可能なデザインソフトを事前に確認してください。Ai(イラストレータ)で作ったデザインデータを入稿する場合が多いですが、このようなデザインソフトを使えない場合は「手書き」で入稿することも可能です。

[STEP3] 生地の種類を選ぼう!

オリジナルのゼッケンやビブスにプリントするデザインが完成したら、次に「生地の種類」を選びましょう。
一口にゼッケン・ビブスと言っても、実際は商品によって使用している生地の種類が異なるため、目的や用途に合った生地を選んでください。

ゼッケンやビブスの生地は、ポリエステル生地やポリエステルメッシュ生地を使うことが多いです。ポリエステル生地は撥水加工済みなので、激しいスポーツなどで大量に汗をかくシーンでも安心です。

PT-Q203は、撥水加工済みのポリエステル生地です。PM-G02は、厚みがある生地なのでしっかりとした風合いが特徴の撥水加工済みポリエステルメッシュ生地です。
ポリエステルメッシュ生地のPM-QD01は、光沢があってプリントした際の発色がいいことで人気です。また、メッシュ生地なので対角線に引っ張っても伸びにくいのが特徴です。
PM-K01も同じくポリエステルメッシュ生地です。ゼッケンやビブスで一般的に使用される生地ですが、撥水加工はされていません。

[STEP4] ゼッケンタイプ(形状)を選ぶ!

生地の種類を選んだら、次に「ゼッケンタイプ(形状)」を選びます。オリジナルのゼッケン・ビブスは、使用用途に合わせてサイズや形状などを自由に選び製作できます。着用する人の体型はもちろん、どのような衣服の上に着用するかによって横幅や丈の長さなどを調整しましょう。
ここでは、ゼッケンやビブスの主なタイプを紹介します。

台形ゼッケン(肩紐・脇紐)

昔ながらの定番ゼッケンといえば、台形ゼッケンです。その名のとおり、生地が台形になったゼッケンで、肩紐と脇紐が付いています。衣服の上に着用した上で、脇紐を結んで固定します。

メッシュビブス

メッシュビブスは、両サイドが縫製されたベスト状のビブスです。体育の授業などでもよく見かけるこのタイプは、縫製が必要ないためその分1枚あたりの価格が安いといった特徴があります。
キッズから5Lまでサイズ展開が豊富です。メッシュ生地を使用しているので、蛍光色の昇華フルカラープリントで鮮やかな仕上がりに出来るほか、反射テープやファスナー付きのポケットをオプションで付けることも可能です。

ウエストサイズ調整式

ウエストサイズを調整できるタイプのビブスです。両サイドのマジックテープをはがせるので脱ぎ着がしやすいのがメリットです。ウエストサイズを調整できるので、どのような体型にもぴったりフィットしますし、衣服を着た上に着用しても問題ありません。

[Step5] デザインデータを入稿しよう!

ゼッケンやビブスのタイプ(形状)を選んだら、次に「デザインデータ」を入稿します。業者によってデザインデータの入稿方法は異なりますが、直接お店に持っていく・メールに添付して送る・郵送する、の3つの方法で送るケースが多いです。

▶直接お店に持っていく

デザインデータをお店に直接持っていくときは、事前にお店に都合のいい時間帯を確認しましょう。手描きのデザインデータを入稿する場合は、紙を折り曲げないように注意してください。

▶メールに添付して送る

業者のメールアドレス宛にデザインデータを添付したメールを送ります。デザインデータの入稿方法は業者によって異なるため、どのデザインソフトに対応しているか確認した上で送るようにしましょう。

▶郵送の場合

郵送でデザインデータを送る際は、手描きの紙かデザインデータをCDにコピーしたものを業者宛てに送ります。手描きの紙を送るときは、折り曲がらないように注意してください。

[Step6] 代金を支払う!

デザインデータを入稿した時点で、正式な依頼が完了します。依頼が完了したら、その足で「代金の支払い」を行います。代金の支払い方法は業者によって異なりますが、多くの場合「銀行振り込み」「代金引換発送(代引)」「郵便振替」「お店で現金払い」のいずれかを選びます。
銀行振り込みや郵便振替、現金払いの場合は、注文した商品が業者から発送される前に支払いを完了させます。

[Step7] 商品到着!

注文完了から製作にかかる期間は、約2~3週間です。ご希望のデザインデータを入稿してからの実働日数となるため、早い段階でデザインが決定すればそれだけ商品到着までの時間が短縮されます。急ぎの場合は、商品到着までの納期を業者に相談してみるのもおすすめです。
商品が手元に届いたら、まずは中身をしっかり確認してください。中身を確認して注文した内容と異なる場合は、早急に業者に連絡しましょう。




オリジナルのゼッケンやビブスは1枚からでも対応可能な業者もあります。スポーツはもちろん、屋外イベントや災害ボランティア支援活動など様々なシーンで使えるゼッケンやビブスは、使用用途に合わせたオリジナルデザインで制作するのが1番です。
この機会にぜひ、世界にひとつだけの特別なゼッケンを作成してはいかがでしょうか。